勇気の畑

描くことが大好きだったのですが、今はワケあって大嫌いです。また大好きになれるように好きなものを好きなだけ描いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手 デッサン2。

昨日よりうまくなりました。
t_edited-1.jpg
ただ、『デッサン』という感じの描きかたではないですね。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/19(日) 04:37:13|
  2. ラクガキ系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

手 デッサン。

自分の手をデッサンしてみました。
思うように描けなくて悔しいです。
どうやったらうまくなるんだろう・・・・。image.jpeg
  1. 2013/05/18(土) 09:22:02|
  2. ラクガキ系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイシールド 贋作原稿製作3。

13-05-08_09-50.jpg
  1. 2013/05/17(金) 20:15:12|
  2. パクり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイシールド 贋作原稿製作2。

13-05-08_09-501.jpg
  1. 2013/05/15(水) 10:54:45|
  2. パクり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

笑顔ウルトラZ。

13-05-13_21-17.jpg
先日発売されたドラゴンボールの画集を購入しました。
13-05-13_21-20.jpg
数年前のイラストながら一切色あせる事無く、ワクワクと創作意欲がわいてくる内容でした。13-05-13_21-21.jpg
個人的に完成原稿画集ではなく、
ラフスケッチやボツイラスト、インタビューてんこ盛りの本も出版していただきたい今日この頃です。
13-05-14_02-49.jpg
ずっと欲しかったランチさんのフィギュアも購入しました。
13-05-14_02-50.jpg
何かしらの絵を描く時の参考になりそうです。



  1. 2013/05/14(火) 03:10:59|
  2. ゲーム・ホビー・ブック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイシールド 贋作原稿製作。

13-05-08_09-51.jpg
この作者もいろいろすごいと思います。
  1. 2013/05/13(月) 09:28:42|
  2. パクり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KING OF BANDIT JING 贋作原稿製作4。

13-05-08_09-531.jpg
実際の作品はトーンも多用してもっとオシャレ、美麗なイラストなんですが
そこまではパクりきれません。
 とはいえ、線画だけでも十分に迫力がある画面ですね。

  1. 2013/05/12(日) 10:08:55|
  2. パクり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KING OF BANDIT JING 贋作原稿製作3。

13-05-08_09-52.jpg
13-05-08_09-54.jpg
こーゆーのを描いていたら自分の実力がアップしたような錯覚を感じますが、
ただのトレスなので実際は何のレベルアップもしていません。
  1. 2013/05/11(土) 10:55:29|
  2. パクり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KING OF BANDIT JING 贋作原稿製作2。

前回に引き続き『KING OF BANDIT JING』です。13-05-08_09-53.jpg
13-05-08_09-521.jpg
13-05-08_09-532.jpg
ベタの落とし込みがかっこよすぎですね。
  1. 2013/05/08(水) 10:11:13|
  2. パクり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KING OF BANDIT JING 贋作原稿製作。

13-05-04_11-06.jpg
13-05-04_11-061.jpg
この人の作品は1コマ1コマ全てセンスに溢れていて
眺めていると創作意欲が湧き上がってくる感じがします。
  1. 2013/05/04(土) 11:17:30|
  2. パクり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワンピース 贋作原稿製作。

今回のパクりはワンピースですね。
13-05-03_20-43.jpg

前回のドラゴンボール同様、トーンを多用しない画風ですが、
シンプルに白黒バランスをとって画面を作ってるドラゴンボールに対して、
ワンピースはワリとごちゃごちゃさせて画面を作っている感じがしました。
13-05-03_20-44.jpg
背景も細かくて面倒なのでパクりきれずに終了しました。
  1. 2013/05/03(金) 20:48:50|
  2. パクり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラゴンボール 贋作原稿製作。

僕はパクりが大好きです。
良いと思う技法、構図、画風はどんどんパクります。
しかし、完全にパクりきれるかどうかは話が別です。

例えば手品のタネがわかったとしてもマジシャンのように魅せるのは簡単ではないと思います。
それなんですよ。

人の画風をパクろうとしてもパクりきれない事がほとんどです。僕は。
イラストのメイキングを見てパクろうと思ってもパクれないんですよ。

スラムダンクを読んだあとはバスケットの能力が上がっている気がするケド
実際は何も変わっていないあの感じに似ていますよね。

さて、今回のパクりは説明不要のドラゴンボールですね。
フリーザへの怒りで超サイヤ人が目覚めたあのシーンですね。
13-05-02_09-01.jpg

超サイヤ人が金髪になったのは髪の毛をベタで塗らなくていいから
と世間では言われていますが、
パクッた僕はそうは思いませんでした。

通常状態の悟空は黒髪なので服のベタは少なめにしてバランスをとっているのですが
超サイヤ人になり、髪のベタががなくなったとしても、うまい具合に服が破れて
白と黒のバランスが保たれているように思えます。僕は。
13-05-02_09-31.jpg
その後黒い服も破れてしまいますが、なんだかんだで書き文字が黒かったり背景が黒だったりで、
白黒のバランスはとれています。

実際に皆さんもパクってみればわかると思うんですが、
トーンを貼らなくても十分な迫力が伝わってきます。
鳥山先生はすごいですね。
13-05-02_09-011.jpg
  1. 2013/05/02(木) 09:51:10|
  2. パクり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

銀魂 贋作原稿製作。

早速ひとつの作品の製作過程を載せようと思います。
13-04-17_09-50.jpg
・・・といっても画像はもうすでにペン入れ済みの原稿みたいですね。
13-04-17_09-501.jpg
友人に依頼された銀魂のコピー原稿を作ってるみたいですね。
ジャンプを拡大コピーしてトレスしたみたいです。
13-04-17_09-52.jpg
銀さんにトーン(61番)をかぶせます。
トーンは一枚300円近くするのでなるべく買いたくないですよね。
古本屋に行けば3冊本が買えちゃいますから。あ、消費税は別で。
13-04-17_09-53.jpg
おおまかにかぶせてカットしたみたいです。
誇りは入れてもホコリは入らないように・・・。
13-04-17_10-04.jpg
眼球部分は削ってるみたいですね。
カッターは普通のヤツです。100円くらいの。
13-04-17_10-07.jpg
貼り終わったみたいですね。
トーンを貼ると漫画原稿っぽくなりますね。
13-04-17_10-22.jpg
写植も適当に貼って完成したみたいですね。
パクり原稿でも数時間はかかっただけに、手放すのはもったいないですね。

さて、次は何をパクろうかな。




  1. 2013/05/01(水) 11:01:08|
  2. パクり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テストです。

映画本編よりも特典映像が好きです。
漫画本編よりも作者コメントのページが好きです。
ゲームはプレイするよりも攻略本を読むのが好きです。

出来上がったものより、製作者の狙い、工夫、意図するものに興味があります。

そんな私の製作現場です。ここは。
興味がある人だけ見てくれればいいと思っています。
よろしくお願いします。
  1. 2013/05/01(水) 10:18:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
オリジナル (3)
イラスト作業工程 (3)
ラクガキ系 (13)
パクり (11)
ゲーム・ホビー・ブック (23)

カウント

フリーエリア

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。